赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)

赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)

赤ちゃんのでべそは、臍ヘルニアと呼ばれ、赤ちゃんの5人から10人くらいの確率で見られます。

へその緒が取れた直後の臍の穴がふさがれてない時期にお腹に圧がかかるとへそに腸が飛び出てくる(でべそ)になります。泣き止んだ時に触ると柔らかくて押すと飛び出た腸がグジュグジュとした感じで簡単にお腹にもどります。

生後3ヶ月頃まで大きくなり大きさは4cmぐらいになることもあります。以前は、経過観察していましたが、最近は、臍の圧迫療法が見直されています。

臍が出ていたら臍を適切に圧迫して腸が出るのを防ぐことでヘルニア門の早期の閉鎖を狙うと共に皮膚の伸展を防ぐ治療法です。当院ではスポンジを臍の穴に入れ、後はその上から防水フィルムを貼る方法を行っています。その後は定期的に臍の状態と皮膚の調子を見させてもらいます。大体、1ヶ月から2ヶ月の固定で9割以上の患者さんはへその出っ張りがなくなり臍の穴も閉鎖します。

ただし、一歳から二歳過ぎても泣いたりしてへそが出てくる場合には手術になる場合があります。とにかく早めにでべその治療をした方が良い結果が得られますので、でべそかなと思ったら早めに受診してください。