新型コロナの検査は予約のみです。
来院しても検査は出来ませんので発熱や風邪症状がある方は
電話連絡お願いします。

ジフテリアについて

ジフテリアについて

4種混合ワクチンに含まれる怖い病気ジフテリアに関してお話します。

ジフテリアとは

ジフテリアとは、ジフテリア菌の感染によって生じる感染症です。昭和20年の日本では致死率10%で年間8万6千人の報告と報告された怖い病気でした。予防接種の普及により日本では平成11年が最後になっています。 
ベネズエラでは平成28年から2年間で1000人弱のジフテリアの報告がありました。発生率の高かった年齢は5歳から19歳で、致死率は非常に高く15.5%の報告でした。

症状

発熱・咽頭痛・嚥下痛から始まり、鼻ジフテリアでは血液が混在した膿性鼻汁、鼻腔や上口唇のびらんがみられ、咽頭ジフテリアでは扁桃・咽頭に白~灰白色の偽膜形成を認め、喉頭ジフテリアでは嗄声や呼吸困難になることがあります。合併症として、心筋炎があり、突然死をきたすことがある怖い病気です。また、末梢神経炎という神経麻痺を起こすことがあります。 

感染経路

咳嗽、鼻汁による飛沫感染になります。

予防接種の副反応について

ワクチン接種後の副反応として多く見られる症状として発熱、発疹、鼻汁、咳嗽、注射部位紅斑・腫脹などがみられます。