朝9時から電話で抗原検査とPCR検査の予約が可能です。
また、コロナワクチンとインフルエンザワクチンの予約受付状況については予約サイトをご確認下さい。

BCGワクチン

BCGはどんなワクチン?

BCGは結核を予防するワクチンです。
結核に対する抵抗力はお母さんから貰うことができません。
乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、生まれたばかりの赤ちゃんもかかる心配があります。
全身性の結核症や結核性の髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す可能性もあります。
BCGの効果は接種してから10~15年です。

結核って?

咳や発熱が続く病気ですが、子どもの場合、咳などの症状はあまりみられません。

赤ちゃんの場合は粟粒結核(結核の全身感染症)や、髄膜炎になりやすく、後遺症が残ったり、死亡する例がみられます。

BCGの注射は?

スタンプ式で、腕の外側2ヶ所に接種します。
それ以外の場所に接種すると、ケロイドなどの副反応が出ることもありますが、一般的には無治療で経過を観察するだけでよいものばかりです。
厚生労働省の報告によるとBCGワクチンの副反応は760件/2,067万接種件数と非常に少ないです。

接種当日のお風呂は?

当日はお風呂に入っても大丈夫です。
かいたりこすったりせず、優しく洗ってください。

接種後のお話

接種後、10日くらいすると、スタンプの後が赤くぽつぽつしてきます。

接種後4週間(1ヵ月)後くらいに、その反応は最も強くなりますが、その後はかさぶたになります。

接種後3ヵ月までには良くなり、小さな傷あとが残るだけになります。
それはBCG接種により、抵抗力(免疫)がついた証拠になります。

コッホ現象とは

通常接種後、1ヵ月後に出る反応(赤いぽつぽつ)が3~10日までに出ることがあります。これをコッホ現象といいます。 原因として 接種時に結核に感染していた可能性が考えられます。

 必ず結核に感染しているとは言えませんが、この症状があるときは、ご相談ください。