下痢の時に注意すること

下痢の時に注意すること

げりは、風邪やおなかを冷やしたときに起こることが多く、吐いたりもしますので、食べ物については注意が必要です。


どうしたらいいですか?

1.乳児の場合

①母乳栄養のとき

母乳は、ほしがるだけ飲ませてください。なお、母親は牛乳などの乳製品は避けるようにしてください。

離乳食は、ほしがれば、やわらかい消化にいいものを食べさせましょう。

②人工栄養のとき

食事はやわらかい、消化にいいものを食べさせ、脱水にはならないように、白湯やお茶を充分に与えましょう。

また、できるだけミルクは飲ませないほうがよいでしょう。

飲ませるとき、ガランターゼという乳糖(ミルクに含まれている)分離酵素を一緒に服用してください。
白湯や御茶や味噌汁などの水分と塩分を十分に与えましょう。

乳製品と市販のジュースは中止してください。

2.幼児・学童の場合

温かい白湯やお茶を充分に投与し、牛乳や乳製品、市販のジュースなどは投与しないようにしてください。

なお、食べものは消化のいいおかゆやうどんなどを食べさせましょう。