コラム

コラム

子宮頚がんワクチン接種を勧めています

最近、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチンが、各国で効果を上げています。そのため、子宮頸がんを撲滅できる希望もみえてきています。HPVワクチンの接種は10年ほど前から始まりました。
お知らせ

小児かかりつけ医制度について

小児かかりつけ医制度について クリニックに継続して通院する未就学児が対象です。かかりつけ医を持つことにより日常的に子どもの事についていろいろと指導や診察を受けることができます。 普段の風邪や気管支炎などの急性疾患だけでなくアト...
コラム

イナビルついての考え方

イナビルついての考え方 国内でのみ使用されているイナビル吸入粉末剤についての評価について考えてみます。 第一三共が開発した「イナビル吸入粉末剤」をアメリカでも発売にこぎつけようとBiota社が開発を行ました。開発当時、政府から...
コラム

新薬のインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」について

新薬のインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」について なぜ、渡部クリニックがゾフルーザを使っていないかについて説明したいと思います。 まず、実際の臨床での使用実績が不十分というのがその理由です。大きな期待とともに迎えられた新薬でも...
コラム

最近お勧めするワクチンについて

最近お勧めするワクチンについて 1.百日咳ワクチンの抗体価は1歳過ぎの追加接種の計4回接種では低下します。5歳の年長さんの時に、同じ様に不活化ポリオワクチンの抗体価も低下するので、百日咳ワクチンと不活化ポリオワクチンの2つの入った4...
コラム

MR(はしか・風しん)、おたふくかぜ、水ぼうそうのワクチンについて

MR(はしか・風しん)、おたふくかぜ、水ぼうそうのワクチンについて 上記の4つの病気について確実に病気に罹患していればワクチンをする必要性は基本的にはありません。 はしかや水ぼうそうは診断を間違える事はほとんどありませんが、おたふく...
コラム

抗菌薬(抗生物質)は使い方が大事です。

抗菌薬(抗生物質)は使い方が大事です。 1)抗菌薬は ウイルスによる風邪やインフルエンザには効果ありません。 2)抗菌薬を使用すると必要な腸内の善玉菌までも殺してしまい善玉菌の数が減って免疫力の低下をおこし、逆に風邪をひきやす...
コラム

ホクナリンテープについて

ホクナリンテープについて ちまたの小児科では咳によくホクナリンテープが使用されています。ホクナリンテープはいわゆる長期作動性β刺激剤(LABA)で有り、長い間、気管支炎を拡げておく薬です。ただし、この薬を単独での使用は避ける必要があ...
コラム

国内用不活化ポリオワクチンの販売についての私の考え方-その2

国内用不活化ポリオワクチンの販売についての私の考え方-その2 単独不活化ポリオワクチンの無料接種は、9月から始まっています。このワクチンは、当院で8月まで自費で接種していた不活化ポリオワクチン(イモバックスポリオ)と同じソーク株のワ...
コラム

国内用不活化ポリオワクチンの販売についての私の考え方

国内用不活化ポリオワクチンの販売についての私の考え方 4月19日、単独不活化ポリオワクチン(イモバックスポリオ)の製造が承認されました。このワクチンは、当院で接種している不活化ポリオワクチン(イモバックスポリオ)と同じソーク株のワク...