舌下免疫療法(スギ花粉 ダニ)について

舌下免疫療法(スギ花粉 ダニ)について

スギ花粉症

  • 日本の森林の4分の1が スギとヒノキだと言われている!
  • 北海道と沖縄以外の日本全土に植えられている!
  • すべての木の中で最も花粉を出す!
  • 何十年も活発に花粉を出す!

花粉症の人にとっては、この”とんでもない特徴”だけに日本人の花粉症の罹患率は年々増加しており、近年は40%にまで達しています。
花粉症の低年齢化も年々進んでおり、5~9歳では3人に1人、10~19歳では2人に1人がスギ花粉症を発症しています。
典型的な目や鼻の症状に加えて、喘息の方は咳などの呼吸症状の悪化、皮膚炎など全身症状を起こすことも分かっています。

ダニによるアレルギー症

スギ花粉とともにアレルギー性鼻炎の原因となるハウスダストですが、これはダニからの副産物(死骸や糞便など)がほとんどです。

室内の寝具などに存在するヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニがアレルゲンとなり様々な症状を引き起こします。
スギ花粉症と異なり一年中あることから通年性アレルギーと言われています。
夏に増殖したダニの死骸で秋に症状が悪化することがあり、秋の花粉症だと思っていた人が実はダニアレルギーであることもあります。

いずれも抗ヒスタミン剤内服や局所療法(点鼻点眼薬)がメインの治療ですが、根本的な解決にはなりません。

舌下免疫療法

免疫療法はアレルギーの原因となっているアレルゲンをごく少量から体に投与していくことで、本物のアレルゲンが体に暴露しても反応が小さくなる治療法です。日本では現在、スギ花粉とダニについての免疫療法が可能です。

1分間口の中に薬が溶けるまで置いておける年齢であればお子さんでも治療できます。
スギ花粉症やダニアレルギーは自然に治る可能性は低く、アレルギー症状による睡眠不足、集中力低下からの学力低下が指摘されており、お子さんで治す治療を行うのは価値があると思います。

近年増えている花粉-食物アレルギー症候群に関して、花粉症の免疫療法を行うと食物アレルギーが改善したという報告もあります。
スギ花粉での花粉-食物アレルギー症候群は少ないもののトマトが知られており、スギ花粉症かつトマトアレルギーという方には効果があるかもしれません。

スギの舌下免疫療法は6-12月ダニはいつでも治療開始が可能です。これらは同時にできますが1ヶ月ほどの間隔をあけて治療を開始します。
 
舌下免疫療法はアレルギー疾患を根治できる数少ない治療法です。当院でご相談いただければと思います。

当院は、鳥居薬品さんのアレルゲン免疫療法ナビに掲載されています。