禁煙外来について

禁煙外来について

禁煙しませんか?

喫煙の害は想像以上に深刻なものです。

喫煙をつづけることにより、肺気腫・肺がんなどの肺の病気や、肺がん・食道がん・胃がんなどのガン、狭心症、心筋梗塞、不整脈などの心臓病、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの発生が増加します

重要なのは、副流煙(たばこの先からの煙)と、喫煙者が一度吸って吐き出す煙を吸ってしまう受動喫煙が問題です。

副流煙は低い温度で不完全燃焼しているため、有害物質が多く含まれています。

日本でも2003年から健康増進法が施行され、多くの人が集まるところでは、受動喫煙の防止につとめることが求められるようになりました。

喫煙は本人の意思だけではありません。

喫煙習慣の本質はニコチン依存症であり、本人の意思だけで禁煙ができる人はわずかであることが明らかになっています。

そのため、2006年4月より、ニコチン依存症に対する禁煙治療の保険適用ができるようになりました。喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、病気としてとらえ、必要な治療を行うということです。


禁煙するとこんないいことがあります

・目覚めが爽やかでせきやタンがとまります。

・味覚が戻って食べ物がおいしくなります。

・周りに不快感を与えないので、自分自身が気持ちよくなります。

・肺がんや心臓病により死亡する確率が劇的に下がります。


タバコをやめるには?

タバコをやめるには、基本的には本人の意志とまわりの援助と経口禁煙薬のチャンピックスを使用することが大切です。

ニコチン依存症の治療薬としては新しく販売されたチャンピックス錠をお勧めします。ニコチンを含まない飲む禁煙治療薬です。

禁煙率は、8割以上で優れています。

喫煙による満足感を抑制し、禁煙にともなう吸いたくなる欲望を軽減します。

胃腸障害や不眠症や頭痛などの副作用はありますが、その副作用が逆に作用してタバコをやめれるきっかけになります。

ぜひともご相談ください。