肺気腫

肺気腫

どんな症状?

肺気腫とは、呼吸細気管支と肺胞が拡張し、破壊される疾患です。

階段を上り下りしたとき、走ったときに息切れしたり、咳、タン、ゼイゼイがでるのが特徴です。


原因は?

たばこなどの有害な空気を吸い込むことによって、気管支や肺に障害を生じます。

ほとんどの原因は長期間にわたる喫煙が原因です。患者の90%以上が喫煙者です。
ただし、受動喫煙によっても起こります。

喫煙以外の原因としては、大気汚染や職業によるほこりや化学物質も考えられます。


治療は?

禁煙が原則です。禁煙がなかなか難しい方のために、禁煙外来も行なっています。

薬物療法としては、吸入ステロイド、タンを出す薬、抗コリン薬、気管支拡張剤(β2刺激薬、テオフィリン製剤)を使います。