爪白癬(爪の水虫)

爪白癬(つめはくせん)

どんな症状?

爪が白くなったり黒くなったりします(爪の水虫)。


原因は?

白癬菌というカビが爪に住みつくのが原因です。

以前は治りにくかったのですが、現在は新しい薬が出たことによって、根気よく治療を続ければ確実に治る病気になりました。


治療は?

爪は固いために外から薬を塗っただけでは、爪の中にいる白癬菌まで効果がいきわたりません。
そのため、爪白癬の治療には、抗真菌薬と呼ばれる薬が必要です。

現在、イトラコナゾール(イトリゾール)テルビナフィン(ラミシール)の2剤があります。

服薬する期間はおおよそイトラコナゾールで3ヶ月、テルビナフィンで6ヶ月~1年が平均です。
まれに肝臓機能に影響がでるため、定期的な血液検査が必要です。


治療法は?

アレルギーの治療はその症状により様々です。
それぞれのページをご覧ください。