新型コロナウイルス感染症に対する唾液PCR検査(公費)について

新型コロナウイルス感染症に対する唾液PCR検査(公費)について

 新型コロナウイルス感染症を医師が疑った症例が原則対象となります。また発症から9日程度が唾液PCRの検出限界とされています。年齢制限はありませんが、唾液を1-2ml出すことが必要です。(唾液1-2ml出すのに5-10分程度かかります)結果が出るまでには1〜3日かかります。

 感染対策を行って別室にて検査を行うこと、唾液のため飛沫のリスクが低いことから感染リスクの増加の心配はないと考えています。

 費用については検査料および検査判断料が横浜市公費負担となります。それ以外に必要となる検査についてはこれまで通り保険診療内でお支払いが必要となります。

 また無症状など検査適応とならない症例についての自費PCRは行っていません。

 PCRは基本的に予約で行います。予約がいっぱいの場合は下記に表示いたします。表示がない場合は、お電話での予約が可能になります。

 

現在、PCR検査・抗原検査の予約を受け付けております。お電話にてよろしくお願いします。