本文へスキップ

TEL.045-506-3657

〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央3-19-11

インフルエンザ


インフルエンザってなあに?


突然の高熱、全身倦怠感などで発症するインフルエンザウィルスによる感染症です。インフルエンザはかぜの一種です

かぜは、ウィルスや細菌、微生物などが、からだの中に入ってきて、それを取り除こうと、からだの免疫システムが反応して、熱がでたり嘔吐したりするものです。

インフルエンザは、インフルエンザウィルスが原因となっているものをいいます。

毎年、このインフルエンザウィルスは変化をするため、一度かかっても、何度も感染します。「Aソ連型」「A香港型」「B型」の三種類があります。
毎年12月〜3月頃に流行します。


感染から発熱までの流れはこんな具合です。


インフルエンザウィルスに感染する
 ↓
1〜3日間の潜伏期間
 ↓
38度〜40度の高熱がでて発症
 ↓
インフルエンザウィルスは37度ぐらいでもっとも増殖が活発になる。
39度ぐらいではほとんど増殖できない。



熱が出るのは、ウィルスの増殖を抑えようとして、からだが反応しているからです。ですから、発熱を熱さましによって下げることは、ウィルスを増加させることになります。とくに免疫のシステムが弱い乳幼児は、熱さましを使用しないほうがいいでしょう。



症状は?


高熱、全身倦怠感、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状や、鼻汁、せき、のど痛、嘔吐、下痢など、いろいろな症状が出現します。
発熱は一週間続くこともあります。また、3〜4日発熱後、一度熱が下がった後、再び発熱することもあります。2回の熱の波があるということです。

乳幼児で問題なのは、インフルエンザ脳症です。

脳症の前には、いろいろな前ぶれの症状があるため、注意深く子どもを観察し、気付くことが大事です。その診断は、患者さんの症状とインフルエンザの迅速診断キットにより、確定できることが多いです。早めに受診しましょう。



治療は?


普通のかぜと同じく、水分補給、食事、安静、保温です。

いろいろな症状に対しては、それぞれ、咳どめや整腸剤などを使用します。とくに漢方薬は効果が見られることが多くあります。

抗インフルエンザ剤としては、タミフルが有名ですが、「インフルエンザのお薬について」で述べたように、安易に使用すべきではないと考えます。むしろ、吸入薬の「リレンザ」・「イナビル」をすすめたいと思います。

老人や病気もちの方を除いては、抗生物質の投与は必要ありません。


診療受付時間
▼月・火・水・金曜日
  [午前] 8:30〜11:30
・ 予防接種・健診は11:00まで
   (診察開始は9:00〜です)
  [午後] 1:30〜5:45
・予防接種/健診は午後5:00まで
 (診察開始は午後2:00〜)
▼土曜日は午前中のみです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 〜患者さんへのお願い〜
問診時や診察時にご不在の方は、お戻りになった際の診察の順番は最後にさせていただきます。皆さまのご理解とご協力をお願い致します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

渡部クリニック渡部クリニック

〒230-0051
横浜市鶴見区鶴見中央3-19-11
TEL 045-506-3657